FC2ブログ
プロフィール

いけ

Author:いけ
ある日突然、日本でピストル射撃をしようと思い立ち、がんばって銃砲の所持許可を取得! 果たして無事にピストルを所持することができるのだろうか!?
実は仮面ライダー(1号、2号、V3あたり)や宇宙戦艦ヤマトが好きだったりもする。
ツイッターやってます
@gunmaniacs

くりはま花の国 射撃場 月例大会に参加+初段&二段に合格する

2018/04/29 00:28:12 | 射撃競技 | コメント:2件

今年の4月1日から本格的に射撃競技を始めたわけですが、この1カ月で4回もの大会に出場しました(うち1回はBPですが)。その最後を飾るのが、くりはま花の国射撃場で行なわれている月例大会です。
この大会は横須賀市ライフル射撃協会(横ラ)が主催する大会で、その名のとおり毎月開かれています。もちろん、横ラの会員じゃなくても参加できるので、関東周辺に住んでいらっしゃる方はもちろん、「地元じゃハンドライフルの試合やってないよ」って方にも、とてもいい大会だといえるかもしれません。段級試験も受けられるため、APやSBを目指している方には特にお勧めです!

さて、まずくりはま花の国射撃場ですが、ここは電車で行きやすい射撃場にも関わらず、すべて電子標的になっている数少ない射撃場です。関東近辺で電子標的を撃てるのは世田谷にある総合運動場エアーライフル場と、長瀞射撃場くらいでしょうか。世田谷は一般開放日が限られている上に、バスか自家用車でないと行きにくいですし、長瀞は自家用車以外行けないと考えて間違いないです(駅から歩いてくるツワモノもいるようですが)。なので大きな試合の練習にもなるんじゃないかなと思います。

また利用料が安いのも魅力で、1時間260円ほど。2時間使っても520円です。ちなみに伊勢原が1日、1,235円。エアライフル場で3時間以上滞在することなんて私はほとんどないですから、かなりお得というわけです(しかも伊勢原は行く時間、帰る時間がバスの時刻に大きく左右されます)。

ちなみに一般開放日は横ラのWEBページに全部載っているので、事前に確認さえすれば大丈夫でしょう。営業時間も8時半~21時と長いのも魅力です(冬は17時までだったかな?)。


射撃場の話はこれくらいにして、気になる月例会ですが、参加申し込みはメールや電話で可能とのこと。私はメールで行ないましたが、比較的早く返事をくれました。また早めに連絡すれば、希望する射群も聞いてくれるようです(これはありがたい!)。参加費はARが2,500円、AP/HRは3,500円となっています。支払いは当日、射撃場で行ないます。

当日なのですが、私は勘違いしていて、開始時間を射座入時刻と思っていたのですが、これは本射開始時刻でした。20分くらい前に着いたのですが、すでに他の方(といっても私のほかに2名だけ)は射座入していて、あわてて準備しました。
撃つ前にダメもとで「まだ1級の合格証が届いていないのですが、初段とか二段とか受けられますか?」と聞いてみたらOKとのこと! すぐに段級受験用紙を出して、試合開始前に支払いをしました。これでヘマしても後戻りできないぞ・・・。

試射時間も終わり本射となったのですが、3発目で5点にすっ飛ばすという大きなポカをやらかし、顔面蒼白。「ハンドライフルで二段に合格するにはアベレージ9点なのに、5点分取り戻すには10点を4回出して・・・」などと脳みそをフル回転。しかし結局1シリーズ目は86点と大失敗。ここであきらめ気味になったのが功を奏したのか、いつも練習しているときのような超絶連射を繰り返し、2シリーズ目は95点と大健闘。最終的には366点で二段まで合格できました。ちなみに40発撃ち終わるまでに20分ちょっとしかかかりませんでした。

IMG_2770.jpg
第1シリーズの3発目、左側に大きく飛ばして5.9点をマーク。これさえなければもっといい点だったかな?


もちろん初段を受けているので5級のときと同じように筆記試験も出されます。解答用紙はどこに送ればいいのか聞いたところ、「今ここで解いちゃえばいいじゃん!」と射場の方に言われ、スマホで調べながら解答。内容は5級のものと大差ありません。解答後に射場の方に渡すとなんとその場で採点し、間違っている部分を指摘、何で間違いなのかを教えていただきました

試験を受けて合否を聞くだけでは一喜一憂するだけで終わりですが、このように指導してくだされば身になります。大会に出るには知っておくべきルールなどに関するテストですから、知っておいて損はない、というより知っておかなければならないことです。この方針には心打たれました。横ラ出身の有名な少年シューターもおりますが、このような指導をしているからこそだなと感じました。他の試合なんかは年寄り連中の寄り合いみたいな雰囲気も感じます。これでは若手は育ちません。一人ひとりを大切にする、協会に加入していない部外者も受け入れる、これらのことが若手を育て、射撃業界の活性化に繋がります。今回の月例会に参加して横ラは素晴らしい協会だなと実感しました。

IMG_2771.jpg
ちなみに参加賞としてこんな素敵なタオルがもらえました。同じようなタオルでも銃砲安全協会のものとは大違いです(しかもあのタオルはすでになくしたし。雑巾にして捨てちゃったかな?)
他の大会では参加賞はもちろん、賞状さえその場ではもらえないという運営の体たらくなぶりや、殿様商売的なやり方で好感は持てませんでしたが。横ラってめっちゃいいところじゃん!
関連記事

コメント

すごい

2018/04/29(日) 02:12:57 | URL | みかん #mQop/nM.
今年4月って、未だ4月です(笑
センスと熱意ですね!
銃すら来てない私からしたら羨ましい限り。
同じ様にガンガン昇級したいですが、
コートを来年に買う予定なのでそれまでお預けになりそうです。

Re: くりはま花の国 射撃場 月例大会に参加+初段&二段に合格する

2018/04/29(日) 05:16:47 | URL | いけ #-
コメントありがとうございます。
銃が来てすぐに練習に行きまくったからかもしれません。最初に良い感じでした練習できたのが良かったのかなぁ。

コートは高いし、オーダーメイドとなれば時間がかかりそうですもんね。でも来年じゃ、ちと長すぎるような気も・・・。よく当たるイメージを持たせるためにも早めに揃えられると良いですね!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する