FC2ブログ
プロフィール

いけ

Author:いけ
ある日突然、日本でピストル射撃をしようと思い立ち、がんばって銃砲の所持許可を取得! 果たして無事にピストルを所持することができるのだろうか!?
実は仮面ライダー(1号、2号、V3あたり)や宇宙戦艦ヤマトが好きだったりもする。
ツイッターやってます
@gunmaniacs

ハンドライフル壊れる

2018/07/16 12:56:18 | 射撃競技 | コメント:0件

7月15日に長瀞で行なわれた東京都夏季普及大会に出場しました。試合に関しては4月に行なわれた春季大会と変わらないので省略するとして、今回は銃器故障という事態にあったので、それについて記述します。

少し前から調子が悪かった
もともと今のハンドライフルは中古で購入したもので、最初から空気漏れが起きたり、いろいろ問題があった銃でした。おそらく前の所有者はオーバーホールなどもしていなかったのでしょう。空気漏れは銀座銃砲で直してもらったのですが、オーバーホールは予約がいっぱいで6月頃連絡するといわれたきり、何の音沙汰もなし。おそらく忘れられたかな?

とりあえず空気漏れが直ってからは、まったく問題がなかったのですが、少し前、特に試合前日に練習に行ったときから「妙に着弾が落ちるな」と思っていました。撃っているとだんだん着弾が落ちていくのです。感覚としては、10点、9点、9点、7点といった感じです。そのあとも「10点に当たっただろう」と思うようなショットのときも7点に当たっていたり、リアサイトを3クリックくらい上げたのにさっき撃った7点のすぐ隣に着弾したりと、調子が悪かったですね。このときは「空気圧の問題か、自分の撃ち方が悪いのかも」と思っていました。


試合当日に驚きの故障
試合に向かったのですが、当日は渋滞のため、本射開始5分前に到着、速攻で銃を出してとりあえず試射、10点に当たるようにしてから着替えたりして、本射を待ちます。
1シリーズ目は驚くほど調子がよく、97点をマーク。「これなら1位は確実。上手くすれば4段点くらい撃てるかも」と思っていました。
しかし2シリーズ目になると着弾が上に行ったり下に行ったりで安定しません。暑いからだろうと休憩したりしながら撃ちましたが、驚きの70点代をマークし、これじゃやばいとあせります。
3シリーズ目には明らかな着弾の落ち込みがありました。狙っているのに5点や3点に着弾。しかも引き金を引いて弾が出てから着弾するまで時間差がだいぶ大きいです。普通なら“パパチン!”という感じで、撃った直後に着弾音がするはずですよね。でも今回は“パン・パチ”といった感じで、一呼吸あるのです。APS3で10mを撃つのと同じくらいの時間差。ということは初速85m/sくらいしか出ていないのでしょうか。これでは着弾も落ちるはずです。それでも「フォロースルーがちゃんとできていないからかもしれない」と思いましたが、一向に改善する感じはありませんでした。
4シリーズ目になるともう3点にしか当たりません。撃てば撃つほど着弾点が下がり、しまいには0点(的の金属製の枠に当たったようです)を撃ってしましました。仕方ないので12時方向3点あたりを狙って撃ちましたが、結果は6時方向3点に着弾。どうしようもないのでとりあえず40発撃って離脱。結果は5位ではありましたが、いままでで撃ってきた中で最低点の300点台でした(初撃ちの40発ですら333点くらいでしたからね)。


至急銃砲店に持って行く
壊れた銃を持ち続けることは銃刀法で禁止されていますし、このまま持っていても練習のしようがなく、他の部位まで破損しては大変なので、すぐにエニスに電話をかけて帰りにそのまま持って行きました。もちろんエニスからも普及大会に参加されている方がいるので、当日修理ではなく、お預けして様子をみていただくことに。後日修理のご連絡をいただくことになっていますが、果たしてちゃんと直るのだろうか。かなり不安です。


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する