FC2ブログ
プロフィール

いけ

Author:いけ
ある日突然、日本でピストル射撃をしようと思い立ち、がんばって銃砲の所持許可を取得! 果たして無事にピストルを所持することができるのだろうか!?
実は仮面ライダー(1号、2号、V3あたり)や宇宙戦艦ヤマトが好きだったりもする。
ツイッターやってます
@gunmaniacs

八代射撃場(山梨)のご紹介

2018/01/05 09:07:43 | 射撃場紹介 | コメント:0件

東京都からもアクセスしやすい山梨県といえば大月射撃場が有名ですが、エアライフルとSB(スモールボア)が撃てる八代射撃場もあります。結構マイナーな射撃場なのかネット上にあまり情報がないので、エアライフルのみではありますが、ご紹介します。
車で向かう場合は中央高速の笛吹八代スマートインターを降りて約7km(16分ほど)なので、比較的アクセスしやすい場所にあります。ナビに入力しておけば迷うことはないとは思います。ただ県道36号線から脇に逸れたあとの道はかなり狭くカーブもきついので、対向車や側溝に注意して進みましょう。

IMG_1997.jpg
これが八代射撃場の入り口。直前の林道はかなり狭いですが、駐車場は広いです。


IMG_2003.jpg
入り口の左側にあったコンクリート(石?)製の見取り図。色付きの豪華なものだけど、ちょっと寂れた雰囲気が出てしまっています。

公共交通機関だと一番近い石和温泉駅から相当離れていますので、タクシーなどに乗ってしまうと値段が凄いことになりそうです。念のため書いておきますが射撃場は山の中腹にありますから「体力には自信があるぞ!」という方も、歩いて向かうのはやめたほうがいいかもしれません。
射撃場は大きく分けて3つの建物からなります。受付のある管理棟、エアライフルとビームライフル射場、そしてSB射場です。駐車場は管理棟のある場所だけでなくSB射場のほうにもあるようです。管理棟はかなりこじんまりしていて、食堂などはないと思いますが飲み物の自動販売機は入り口の左側にありました。食事や軽食が必要な場合は、向かう途中にあるコンビニやサービスエリアで買っていくといいでしょう。また正確には覚えていないのですが紙標的は販売していたと思います。

IMG_2007.jpg
これが管理棟。他の射撃場では管理棟や受付と射場自体がくっついていたりするので八代のものは小さく感じます。でも本来これくらいの建物があれば充分どころか大きすぎるくらいかも。

受付は管理棟の入り口を入ってすぐ右側にあります。入り口手前にも窓口がありますが、そちらは受付ではありません。簡単な申込用紙兼領収書に住所や氏名などを記入し、料金を支払います。エアライフルは640円+100円(保険料)=740円でした。SBは910円+100円=1,010円です。この管理棟は待合室も兼ねているようで、イスがいくつか置いてありました。
私が訪れた日はエアライフル場に誰もいなかったのですが、親切な管理人の方がエアライフル場まで案内してくれたので安心しました。Webページによればエアライフル場には37射座(38射座という情報も…)もあるようです。この日は1人だったのでどこでも使っていいよと言われたのですが、遠くまで行っても仕方がないので一番近い射座で撃つことにしました。射座はもちろん屋内ですし、標的の上にも屋根が付いているようですが、どうやら真ん中が吹き抜けになっているのか、もしくは明り取りの窓になっているのか、標的は外光で照らされているように感じました。
しかし困ったのは標的交換機の操作方法です。他の射撃場と同様のものだと高をくくっていたのですが、ちょっと操作方法が複雑なのと、謎のスイッチがあったりして、1分くらい悩みました。まぁ分かってしまえば全然難しいものではないんですけどね。説明書みたいなものを入り口に貼っていただけると助かるなと。

IMG_2032.jpg
管理棟の裏がエアライフル射撃場になっています。建物自体はかなり大きいのが分かります。


IMG_2026.jpg
これがエアライフル射場の入り口です。


IMG_2020.jpg
射撃場に入るとこのような感じ。


IMG_2009.jpg
とても広々としていて居心地のいい射撃場です。ただ寒さはどうしようもないですが…。


IMG_2011.jpg
射座はこのような感じ。射座と標的の間は外光が差しているように見えます。さすがに射線より前に出て覗き込むようなことは遠慮しましたので、実際はどうなってるのか分かりませんでした。


IMG_2022.jpg
八代射撃場の注意事項のプレート


IMG_2013.jpg
標的交換機は1台故障しているのか別の形のものがありましたが、他の射座はすべてこれと同じものでした。


IMG_2012.jpg
標的紙をセットするときは、このような金属に挟みこむだけ。力の入れ方を間違えると標的紙がたわむので慎重にやりましょう。また奥まですべて差し込む必要はないと思います。抜け落ちなければそれで良いので。


IMG_2014AA.jpg
標的交換機の操作方法ですが、まずAのボタンは右と左に傾けることができます。写真は左に傾いている状態です。この状態でBのスイッチを奥に倒すと標的が帰ってきます。手前に倒せば標的は止まるわけです。逆にAのボタンを右に傾けてからBのスイッチを奥に倒せば標的は遠ざかっていきます。Bのスイッチを入れるとCのスイッチの左にある赤いランプが点灯します。問題はこのCのスイッチで、いろいろ操作してみたのですが機能が分かりませんでした。AよりCのスイッチで前進、後退が制御できればもっと直感的に標的を交換できるのになと感じました。もしかしたらBのスイッチを入れっぱなしにして、撃ち終わったらAを押して標的を前後させるのが正解なのかもしれません。そういう使い方をするのであれば、理にかなった方式だと思います。ただスイッチを入れっぱなしにしておくのは、私にはちょっと抵抗があります(前進できないのに前進のままスイッチが入っていると壊れそうな気がするので…)。


とりあえず一連の射撃練習後は片付けて最後に管理棟で帰る旨を伝え、ライフル射手手帳にハンコを押してもらえば終了です。3月~8月は8時~17時まで、それ以外は9時~16時までの営業なので、冬場に行く場合はちょっと時間が短く感じるかもしれませんね。ただ射撃場が山の北側の斜面にあるため、お昼を過ぎるとずっと日陰になり、かなり冷え込みます。冬場は必ず防寒用具を持って行きましょう。またトイレは一応あるのですが、小便器2つと和式が1つしかありません。しかも屋外にあるので枯葉が便器の中にあったりして、相当切羽詰った状況じゃないと利用したくないなというのが正直なところです。管理棟にトイレがあるか確認しそびれてしまったため分かりませんが、寒いのもあいまって1日中いるのは厳しいかもしれません。しかし3月と7月~9月は無休で営業するという力の入れよう。他の射撃場が休みの日にはきっと重宝するに違いありません。利用者が少ないのと、伊勢原よりも安い料金で使用できるので春~秋の3シーズンは気持ちよく練習できるでしょう。

IMG_2024.jpg
ちなみにこれがトイレです。

八代射撃場
〒406-0832 山梨県笛吹市八代町竹居5737
TEL・FAX 055-265-3051
http://www.sports.pref.yamanashi.jp/shisetsu/index.php?content_id=9
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する